「買い先行の住み替え」と「売り先行の住み替え」

「買い先行の住み替え」と「売り先行の住み替え」

「買い先行」の住み替えと「売り先行」の住み替えのメリットデメリット

 

マンションの住み替えを行う場合、住み替え先の物件を先に購入する「買い先行」型の方法と、「売りを先行」する住み替え方法があります。

 

それぞれの特徴やメリットデメリットついてみていきましょう。

 

買い先行の住み替えとは?

買い先行の住み替えとは、先に物件を購入してしまう方法の事を言います。

 

購入する物件を決めてから、現在住んでいるマンションや一戸建ての売却を行います。

 

売り先行の住み替えとは?

売り先行の住み替えとは、現在住んでいるマンションを先に売却してから次に住む物件を選ぶ方法になります。

 

売却が決まってから次の物件の買い付けを入れていきます。

 

売り先行の住み替えフロー

「買い先行の住み替え」と「売り先行の住み替え」

 

メリット デメリット

焦らずに売却をする事が可能
希望価格で売れない場合は取り下げも可能
資金計画が立てやすく銀行融資もうけやすい

借り住まいを挟む為、引っ越しが二度手間
欲しい物件が先に買われてしまう可能性もある

 

 

買い先行の住み替えフロー

「買い先行の住み替え」と「売り先行の住み替え」

 

メリット デメリット

購入物件を探す時間を多く作れる
借り住まいや2度の引越しが不要

売却期間が短い為、価格を下げる必要がある場合もある
融資の審査が厳しい
資金計画が立てにくい
返済計画に失敗をする事も

 

よっぽど気に入った物件がない限りは、安全面を考えて売却先行の住み替えをおすすめしています。

 

まずはいくらで自宅が売れるのか調べてから、どちらの方法が適しているのか判断しましょう。

関連ページ

受託取得控除の恩恵とは?
ここでは住宅取得控除について紹介しています。マンションや一戸建てを購入した際は、住宅ローン減税などの税金の還付を受ける事が可能です。そのメリットについてご紹介しています。
10年間固定金利の恩恵とは?
大規模修繕費用とは?
マンション住み替えのタイミングとは?